HSBC銀行
HSBC銀行
Pocket

みなさんこんにちわ。管理人のDaiです!
今回はセブ島に旅行や留学に来た際に現金(ペソ:フィリピンの通貨)を引き出したいという方向けに超絶お得な銀行と、海外初心者の方向けに現金の引き出し方を解説したいと思います。

今回紹介したいのはズバリ、HSBC(The Hongkong and Shanghai Banking Corporation)通称:香港銀行です!

前提として、セブ島にて現金を引き出そうとした場合、ほとんどの銀行が1度にMAXで引き出せる額は10000ペソか20000ペソです。(ペソを円で把握したい場合、約×2と覚えてください!つまりこの場合、20000円と40000円です。)
ここに手数料がかかってきます。
日本でも現金を引き出す際に手数料が掛かることがあると思いますが、高くても216円とかですよね?(間違ってたら申し訳ないです✌︎)
しかしながら海外で現金を引き出す際はそんな優しい手数料ではありません。セブ島ではなんと、、、500ペソ掛かかります!
いや、高すぎですよね。1回につき手数料で銀行は1000円儲けているということです。いい商売してますよね笑
では、HSBCはいくら引き出せて、手数料はいくらなのか?
結論:MAX40000ペソ引き出せて、手数料は0です!
正直、ここを発見した時は驚きました。というのも私はセブ島留学当初、何度も10000ペソを引き出し、多額の手数料を払っていましたから。
初めからここを知っていれば、もっと他の事にたくさんお金を使えたのに、もったいないですよね。
セブ島におられる方、あるいは今から来られる予定の方も現地で実感すると思うのですが、500ペソはめちゃめちゃデカイです。
500ペソあれば軽く食事が3回できたりします。
いやぁ、今回の失敗をみなさまにはしてほしくないので、このブログを読んだら周りの方にも共有してあげてくださいね!
場所はこちら↓

セブ島では有名なアヤラモールの近くにあります。

さて銀行の紹介は以上として、ここから先は現金を自力で引き出せるか不安の方向けに引き出し方を1から解説していきますね!

【海外初心者向けに】現金の引き出し方を丁寧に解説!

1・まずは緑に点灯している挿入口にカードを挿入します。
2・カードを挿入するとこの画面に切り替わるので、Englishを選択してください。
するとこの画面が出てきます。PIN(Personal Identification Number)は日本の銀行の暗証番号を打ち込んじゃってください。
その後、Enterボタンを押します。(この写真では私の人差し指がEnterボタン隠しちゃってます!申し訳ないです✌︎)
するとこの画面になるので、Cash withdrawalを押します。
ここでSavingsを選択。(自分の銀行口座に残額があることを確認後
ここで、引き出したい額を入力します。その後、Enterボタンを押します。今回私が引き出す額は34000ペソですが、先ほど言ったようにMAX40000ペソ引き出せます。
入力したらこの画面に来るので、Yesを選択。
するとこの画面に来ます。『手続きしてるから待ちなはれ・・』と書かれています。
しばらくするとこの画面に切り替わり、Print advice&take card(明細書とカード受け取り)かTake card(カード受け取り)を選択します。無駄な紙を出さない地球に優しい方は、右のTake card(カード受け取り)を選択してください。
するとカードが出てきて、カードを先に受け取った後に現金が出てきて終了です!
34000ペソ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はセブ島にいるなら、現金を引き出す際に超絶お得な銀行(HSBC)の紹介と、海外初心者の方向けに現金の引き出した方を解説しました。

長期での滞在の方にはなおさらオススメの銀行なので、ぜひ利用してください。

このブログがみなさまのお役に立ったのなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事